プレミアム付商品券について

倉敷市プレミアム付商品券の取扱いには、「取扱店」としての登録が必要です。以下の内容をご理解の上、積極的なご参加をお願いします。
取扱店フロー
登録資格
倉敷市内に店舗・事業所があり、消費者に直接物品及び役務の提供を行う者。ただし、次の各号に掲げる業務を行う者は、登録対象から除外する。

●風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する営業を行う者
●特定の宗教・政治団体と関わる者又は業務の内容が公序良俗に反する営業を行う者
●商品券の使用対象とならない取引のみを行う事業者
●役員等が暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77 号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。)、暴力団員(同条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)又は暴力団員と社会的に非難される べき関係を有している者に該当する事業者
申請に当たっての同意事項
(倉敷市プレミアム付商品券事業実施要領第11条第3項抜粋)

●取引においてプレミアム付商品券の受取を拒まないこと。
●取引に際して釣り銭を出さないこと。
●商品の販売、又はサービスの提供なくプレミアム付商品券の換金をしないこと。
●プレミアム付商品券を使用できない商品に対して、プレミアム付商品券での支払を受け付けないこと。
●プレミアム付商品券の再販・再流通をしないこと。
●プレミアム付商品券の偽造・悪用・濫用をしないこと。
●プレミアム付商品券を紛失・毀損した場合は、全て自己責任とすること。
●プレミアム付商品券の有効期間は取扱事業者として事業に参加し、真にやむを得ない事情がない限り、途中辞退は しないこと。
●プレミアム付商品券の使用に際して、消費者からの苦情や紛争が生じ、事業者側の責に帰すると認められる場合、自ら解決に努めること。
●プレミアム付商品券の取扱に関して実行委員会からの改善要請等があった場合には、それに従うこと。
●登録申請書に記載した内容のうち、取扱事業者名、所在地、電話番号、業種を公表(専用ホームページ、パンフレット等に掲載)すること。
●その他、実行委員会が倉敷市プレミアム付商品券事業実施要領の趣旨に反すると認める行為をしないこと。
登録申請
本ページ下部のボタンより申込フォームへ進み、必要事項を入力
【申込期間】
令和元年6月3日(月)から令和元年7月19日(金)まで
※本期間の申込者は、商品券購入者に配布する取扱店一覧や専用ホームページに情報を掲載
※上記期間以降も随時受付し、専用ホームページに情報を掲載
登録申請後の流れ
登録申込後、実行委員会の審査を経て登録。 後日、「倉敷市プレミアム付商品券取扱事業者登録証」と「取扱事業者マニュアル」、店頭掲示用のステッカーなどを送付。
【その他の対応事項】
・取扱店であることが分かるよう、ステッカーなどは店頭に掲示すること。
・偽造又は模造、複製された商品券を発見した際は、速やかに警察及び事務局に通報すること。
・他市の商品券は使用・換金不可のため受け入れないこと。
登録取消
取扱事業者であっても、申込内容の虚偽や、前述の同意事項(※5.を参照)に反する行為が認められた場合は、登録を取消し、事業者名を公表するものとする。
換金手続き
換金方法取扱事業者は、申請時に記載した換金窓口に以下を持参し、換金手続きを行うものとする。
●使用済商品券(裏面の取扱店記入欄に押印(社印・店舗印など)したもの)
●倉敷市プレミアム付商品券取扱事業者登録証
●倉敷市プレミアム付商品券換金依頼書・入金先口座の通帳
【換金期間】
令和元年10月1日(火)から令和2年4月30日(木)まで
※換金に伴う手数料や送金等に要する費用は無料とする※換金期間を過ぎての換金には一切応じない
※換金方法の詳細は、登録後、取扱事業者に後日配布する「取扱事業者マニュアル」を確認すること

【倉敷市プレミアム付商品券取扱事業者 募集要項はこちら】

申込フォームに進む